【TIFF】3D映画『三銃士』は『宇宙戦艦ヤマト』がモデル

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』記者会見に登場した(左から)ガブリエラ・ワイルド、ミラ・ジョヴォヴィッチ、溝端淳平、ローガン・ラーマン、ポール・W・S・アンダーソン監督 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』記者会見に登場した(左から)ガブリエラ・ワイルド、ミラ・ジョヴォヴィッチ、溝端淳平、ローガン・ラーマン、ポール・W・S・アンダーソン監督 (C)ORICON DD inc.

 東京・六本木で開催中の『第24回東京国際映画祭』のオープニング作品『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(10月28日公開)の作品ゲストによる記者会見が23日、行われた。主演のローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ガブリエラ・ワイルド、ポール・W・S・アンダーソン監督が出席。日本語吹き替え声優を務めた俳優の溝端淳平も登壇し、「日本に元気与えてくれた。Thank you」と歓迎した。

 同作は、フランスのアレクサンドル・デュマによる文学作品が原作。1844年に発表されて以来、世界各国で読み継がれ、映画・テレビ・バレエ・人形劇など、さまざまな形で取り上げられてきた名作を『バイオハザード』シリーズなどで知られるアンダーソン監督が新たな視点で描く。その最たるものは巨大な飛行船同士の空中バトル。日本のアニメや漫画のも造形が深いアンダーソン監督は、「劇中の飛行船に注目してください。日本のアニメ『宇宙戦艦ヤマト』『オーディーン 光子帆船スターライト』といった宇宙を飛行する船にインスパイアされているんです」と作品をアピールした。

 会見は六本木のライブハウス「ニコファーレ」で行われ、「ニコニコ動画」で生中継もされた。壁面4面と天井にLEDモニターが設置された会場には、青空と雲の映像で“空中空間”を演出。ローガンは「やられたって感じ、モニターに見とれてしまったよ。アメージング!」とびっくり。「ニコ動」視聴者のコメントが表示され、「Kawaii」という文字を見つけたミラが大喜びする場面もあった。続編を期待するコメントにアンダーソン監督は「楽しみにしている方のために作りたいですね。すでに『三銃士』を映画化できて夢かなったような気分。今作を作っている時も楽しくて仕方がなかった」と意欲を表した。

 世界遺産のひとつドイツ・ヴュルツブルグのレジデンツでも実写ロケを敢行した同作。ロケ地そのものがかもし出す雰囲気と、過去最大級の8台の3Dカメラを用いた最新デジタル技術を融合させ、17世紀ヨーロッパの世界を新たなインパクトで映像化した点でも注目される。アンダーソン監督は「世界遺産で撮影許可を得るまでの交渉はとても長い道のりでした。絵画やタペストリーに悪影響を与えないよう、人工的な照明は使えないなどの、制約も多かった。ハイテクに満ちた3D映画であるが、昔ながらの手法で自然光のみで撮影した部分もあるんですよ」。

 ミラは「今回の作品は、飛び出したり、奥行き感を出したりする3Dならではのギミック(撮影手法)は用いていない。絵本の中に足を踏み入れたような、17世紀にタイムスリップしたようなバーチャルな体験ができるという3D映画のひとつのあり方を象徴するような作品になったと思う。今後、時代物に3Dを取り入れる例は増えてくるのではないか」と話していた。

 ローガンは「出演が決まってから撮影中も何ヶ月もフェンシングのトレーニングをしました。剣さばきはディテールまで正確性を求められていたので、難しかったし、大変でした。クライマックスのロシュフォール隊長(マッツ・ミケルセン)と屋根の上で戦うシーンをやり終えた時は、やったと思いました」。ガブリエラは「コルセットをつけた衣装が辛かった。あの時代の女性を羨ましいとはとても思えない」などと撮影時を振り返っていた。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について