『トワイライト』シリーズの3人がブラック・カーペットに登場

『トワイライト』シリーズ“ラス前”USプレミアは大盛況 (左から)ロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー [拡大する]

『トワイライト』シリーズ“ラス前”USプレミアは大盛況 (左から)ロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー

 人間の少女とヴァンパイアの禁断の恋を描く『トワイライト・サーガ』シリーズ第4弾で最終章の前編となる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』(2012年2月25日公開)の全米公開を18日に控えた14日、米ロサンゼルスのノキアシアターでプレミア上映会が開催された。

 敷地内にはブラック・カーペットが敷かれ、世界中から集まった1000人ものファンの前にロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナーらキャスト、脚本のメリッサ・ローゼンバーグ氏、原作者のステファニー・メイヤー氏、ビル・コンドン監督が登場した。クリステンは大胆なスリットの入ったドレス姿で、大人の色気たっぷり。黄色い歓声が飛び交う中、キャストはサインや写真撮影などのファンサービスを行った。

 メディアの取材も世界中から約100媒体が殺到。2008年公開の1作目『トワイライト〜初恋〜』から続くシリーズも、最終章を迎えてゴールが見えてきた。「トワイライトが終わったら? ゆっくり休む?」という問いかけにロバートは「いや、働くよ。休むのは苦手なんだ。仕事がくるといいけどね(笑)」と答えていた。

【動画】映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン part 1』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について