学生の親からの仕送り、前回より1.75万円減少の「7.03万円」

 不動産総合情報サービスのアットホーム社は24日、首都圏の「一人暮らしの実状と部屋探しについて」(アットホーム調べ)のアンケート結果を発表した。学生に聞いた親からの仕送り額は「7.03万円」となり、前回調査に比べ1.75万円減少。仕送りをする親の事情もありそうだが、最近の若者の一人暮らしに対する傾向にも関係がありそうな結果となった。

 実際「現在の家賃」では「4万円台」が23.4%で1位。「5万円台」も20.4%と半数近くが4〜5万円台。前回調査では「5万円台」が最多だったが今回は「4万円台」が最多となるなど、家賃を低く抑えることで、その分仕送り額も少なくて済むようになっているようだ。

 「部屋探しの際、なくて不便だと感じた情報」では、「家賃相場情報」が37.8%(複数回答)で1位。社会人でも同項目が35.3%(同)で2位になるなど、支出の多くを占める家賃には、学生も社会人も慎重を期したいことがうかがえた。

【調査概要】
調査期間:平成23年9月30日(金)〜同10月5日
調査方法:インターネット
調査対象:首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)で一人暮らしをしている、18〜29歳の学生400人・社会人400人、計800人

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について