トヨタ『レクサスGS』全面改良 新開発の「GS250」も投入

新時代デザインが採用されたレクサス「GS」シリーズ(写真は「GS450h」) [拡大する]

新時代デザインが採用されたレクサス「GS」シリーズ(写真は「GS450h」)

 トヨタ自動車は26日、フルモデルチェンジした高級セダン『レクサスGS』を発表した。フロント部分に“次世代レクサス”を象徴する「スピンドルグリル」をあしらうなど新しいデザインを採用している。「GS450h」「GS350」は26日より発売。新たに開発した「GS250」は3月19日より展開する。

 新型レクサスのサイズは従来型と比較し、全高は+30mmと拡大するも、全長は同サイズを維持。トレッドは前+40mm、後+50mmとワイド化しつつ、全幅は+20mmに抑えた。また、HV車の「GS450h」は次世代D-4Sシステムとアトキンソンサイクルを採用し、新開発の3.5L・V6エンジン「2GR-FXE」とFRハイブリッド技術を組み合わせている。

 ボディーカラーは新塗装技術を採用したソニックシルバーなど3色が追加され全11色で展開。価格は「GS450h」が税込700万〜、「GS350」「GS250」が同510万円〜。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について