『MOSDO』関東初上陸 4月1日恵比寿にオープン

4月1日関東に初上陸するモスバーガー×ミスタードーナツのコラボブランド店舗「MOSDO恵比寿店」(東京都渋谷区)店舗イメージ [拡大する]

4月1日関東に初上陸するモスバーガー×ミスタードーナツのコラボブランド店舗「MOSDO恵比寿店」(東京都渋谷区)店舗イメージ

 モスバーガーとミスタードーナツが展開しているコラボレーションブランド『MOSDO(モスド)』が、誕生から2年で関東に初上陸する。両社は7日、「MOSDO恵比寿店」(東京都渋谷区)を4月1日にオープンすると発表。近隣オフィスの20〜40代のOLやビジネスマンをターゲットに想定し、野菜を豊富に使ったサンドイッチや厚焼きホットケーキ、スイーツなどを展開する。

 モスバーガーを展開するモスフードサービスとミスタードーナツを運営するダスキンは08年2月に資本業務提携契約を締結しており、09年5月には両社が共通のテーマで開発した商品『ドーナツバーガー』を発売するなど、コラボメニューの発売や共同配送、共同販促などを行ってきた。その後、10年4月にコラボブランド店舗「MOSDO」1号店をイオンモール広島府中ソレイユ店(広島県安芸郡)に、11年9月に2号店となる京都河原町通りショップ(京都市中京区)をオープン。1号店はファミリー向けにモスとミスドのメニューを取り揃え、2号店はハンバーガーやドーナツはメニューに入れず、オリジナルメニューで展開してきた。

 関東初出店となる恵比寿店は、JR恵比寿駅西口から徒歩1分の場所に立地。オフィスや商業施設が多く、トレンド発信地としてのイメージも強いエリアだけに、店内は木目を多用した内装や、外光を取り入れた2階のテラス席などで洗練された空間を実現。

 食事類はモスが、スイーツはミスドが開発を手掛けオリジナルメニューを販売。食事メニューは“野菜を楽しむサンドイッチ”をコンセプトに、モスバーガーの特徴である契約農家から届く生野菜を使い、約15種類のサンドイッチを用意。スイーツは店内飲食限定メニューの厚焼きホットケーキや、新鮮ないちごと求肥をブッセ生地でサンドしたものを用意する。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について