ソーシャルゲーム『こびとづかん』、登録会員数50万人を突破

ソーシャルゲーム化した『こびとづかん』が会員数50万人突破した。 [拡大する]

ソーシャルゲーム化した『こびとづかん』が会員数50万人突破した。

 GREE(グリー)とモバゲーで配信中の『こびとづかん』を運営するキューマックスは15日、両SNSでの合計登録会員数が50万人を突破したと発表した。同作はシリーズ4冊で累計140万部発行の人気絵本『こびとづかん』(なばたとしたか作)をもとにしたソーシャルゲームで、GREEには昨年9月より、モバゲーには同12月より配信を行っている。

 物語はある少年が祖父から借りた一冊の本「こびとづかん」を頼りに、未知の“こびと”たちと出会い、命の大切さを学んでいくというもの。プレーヤーは、山や森、水辺などの様々な場所にすむ“こびと”を捕まえて、他プレーヤーと交流しながら、そのユニークな生態を観察していく。“こびと”のどこか愛くるしい独特なキャラクターが人気を呼んでいるようだ。

 なお、スマートフォン版は2月中の配信を予定している。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について