「おしい!」広島県が“県庁キャラクター総選挙”実施

「広島県おしい!委員会」委員長の有吉弘行 [拡大する]

「広島県おしい!委員会」委員長の有吉弘行

 「おしい!広島県」のキャッチコピーが話題の広島県が4日、新たに広島県庁の“キャラクター総選挙”の投票を開始した。エントリーされているキャラクターは全部で12。ハガキやFAXのほか、広島県Webサイトや公式Facebookなどからも投票できる。

 同企画は「お(0)しい(4)」とかけ、毎月4日に発表される動画の中で発表。「広島県庁には多くのキャラクターがいるのに知られていない。おしい!」という広島県観光大使のタレント・有吉弘行により実施が宣言された。“広島県キャラクターのセンター”を担う1位に選ばれたキャラは、「おしい!委員会」に加入し広島県のPRに努めることになる。

 エントリーされているのは国民文化祭・ひろしま2000のキャラクターとして誕生した「ブンカッキー」、大河ドラマ『平清盛』広島県推進協議会のキャラクター「ひろしま清盛」など。そのほか、防災協働社会実現のために誕生した「タスケ三兄弟」、県税PRの「タッ君」、広島県警の「メイプル君」など、県内外でどこまで知られているのか未知数な“おしい!”キャラクターたちも名を連ねている。

 「魅力はあるけど、県外の人があまり知らない観光資源を紹介する」ことを目的に広島県が立ち上げた観光キャンペーン「おしい!広島県」は今年3月27日からスタート。有吉を起用した自虐的なキャンペーン映像はYou Tubeでの再生回数が5月末までに63万回を記録するなど話題となっている。

 同投票の受付は今月25日まで。結果は7月4日、『おしい!広島県』Webサイト上で発表される。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について