台風4号北上中。13日は沖縄・奄美地方で大荒れ

■鹿児島と熊本のここ1週間の降水量の推移グラフはこちら

 大型で非常に強い台風4号が、沖縄の南の海上を北上している。台風はこの「非常に強い」勢力のまま、13日には沖縄地方に接近、沖縄・奄美地方の広い範囲が台風の暴風域に入る見込みなので、早めの暴風対策が必要だ。波の高さは9メートルを超える猛烈なしけになる。

 台風はその後、非常に強い勢力を保ったまま進路を東よりに変え、14日には西日本に接近する恐れがある。

 また本州上には梅雨前線が停滞、台風の北上に伴って前線の活動が活発になっている。12日も、京都府や滋賀県、岐阜県などで、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨を観測。

京都府 花背峠・・・1時間71ミリ(9:00〜10:00)
滋賀県 南小松・・・1時間59ミリ(9:10〜10:10)
岐阜県 大垣  ・・・1時間57ミリ(9:50〜10:50)
※いずれも観測史上1位の値を更新

 週末にかけては、西日本や東日本の広い範囲で大雨のおそれがあり、とくに九州では、ここ1週間の降水量が平年の7月の値を上回ったところもある。九州では今は雨は小康状態だが、13日は再び激しい雨が降るおそれ。これまでの大雨で地盤が緩んでおり、引き続き土砂災害に警戒が必要だ。

(日本気象協会 田代大輔)


■鹿児島と熊本のここ1週間の降水量の推移グラフ



オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について