少年ジャンプ、男女共人気高い稀有なマンガ誌

■ランキング表はこちら

 通勤・通学途中の電車の中で何をして過ごしているか。音楽を聴く、ケータイをいじる、新聞を読む、ゲームをする。そして、本を読む。難しい本を読んだり、勉強している人もいるが、雑誌を読む人も多いのではないだろうか。それは、娯楽として、大切な情報源として、今でもやはり重要な位置にあるということを表している。ではその雑誌、いったい何冊くらい読んでいるのか。週刊誌、月刊誌、それぞれひと月に1誌以上購入している人に、何誌購入しているかのアンケートを実施した。

 「月に何冊“週刊誌”を買うか」「月に何冊“月刊誌”を買うか」の集計結果を見ると一目瞭然だが、週刊誌も月刊誌も多いのが【1誌】という回答で、次いで【2誌】、【3誌】だ。

 若干の違いは、1誌、2誌の割合の合算が、月刊誌が約8割占め、3誌以上が約2割なのに対し、週刊誌は同様に6割半、3割強と、週刊誌の方がやや購入誌数が多い点。また週刊誌だけをみると、女性の購入雑誌数は、1誌、2誌の合算で約8割、男性は逆に3誌以上が4割強と、約半数の男性が週に3誌以上購入しているという結果に。月刊誌では女性の購入雑誌数が多く男性が少ないと、週刊誌とは逆の結果となった。

 なぜかと言われれば「最もよく買っている雑誌名」の通り、女性は年代にもよるが【non-no】【CanCam】などファッション誌などが中心で、男性は【週刊少年ジャンプ】【週刊少年マガジン】など漫画誌が中心であることが要因。また【週刊少年ジャンプ】は女性でも3位にランクインしており、男女両方に人気が高い稀有な漫画誌であることを示している。

 ところで週刊誌にも月刊誌にも言えることだが、ひと月あたり何誌購入するかの割合には、年代の違いによる大きな変化が見られない。雑誌をどのくらい読むかという習慣は、学生の頃にすでに形成されるものだから、それは社会人となりさらに年齢を重ねていっても変わらないのなのかもしれない。本をよく読む賢い大人にするためには、小さい頃から読書をさせるべし…!?

(2007年7月19日〜7月23日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について