『007』最新作のタイトル決定!

 前作『007/カジノ・ロワイヤル』から1年ぶりとなる最新作『007/クォンタム・オブ・ソラス(原題)』が発表された。原作者イアン・フレミングの短編集『007/薔薇と拳銃』の中にある『QUANTUM OF SOLACE(邦題/ナッソーの夜に)』を映画化したシリーズ第22作。

 前作で、ジェームズ・ボンド史上初の“金髪のボンド”となり話題を集めたダニエル・クレイグがボンド役を続投。2人のボンドガールも披露された。また、映画『チョコレート』でハル・ベリーにアカデミー主演女優賞をもたらしたスイス出身のマーク・フォスターが監督を務める。

 ダニエルは「この作品ほど、前作との違いを出すのが難しい作品はありません。タイトルについては映画を観ながら考えて欲しい。これがありきたりな物語になるわけはない、だって、これはボンド映画なのだから」とコメント。

 ジェームズ・ボンドの生みの親イアン・フレミングの生誕100年となる今年。『007』最新作は11月7日に全米公開され、日本公開は来年正月予定。

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド⇒『映画・DVDナビ』はこちら

■最新映画予告編はこちら

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について