浅草が似合う有名人、寅さんと浅香光代が1位


写真を拡大する
浅香光代(07年3月29日『第28回 松尾芸能式』の様子)

■ランキング表はこちら

 浅草寺、雷門など歴史ある建造物が多く立ち並ぶ浅草。古き良き時代を現代に伝え、国内のみならず海外からの観光客も多い人気の街。浅草に暮らす人といえば、人情厚く、いなせな江戸っ子のイメージが強い。オリコンが「浅草が似合う有名人」についてアンケートしたところ、男性部門は映画『男はつらいよ』で寅さんを演じた【渥美清】が1位を獲得。女性部門では浅草に事務所を構え、剣劇女優として活躍する【浅香光代】が1位に選ばれた。

 まず、男性部門で1位に選ばれた【北野武】の回答を見ると「映画の印象が拭えない」(群馬県/30代/男性)、「寅さんの舞台は浅草ではないけれど、下町の風情を色濃く残す浅草もまたよく似合うと思う」(千葉県/20代/男性)といった映画のイメージが強く人々に印象を与えていることがわかる。また「下町情緒溢れているから」(茨城県/10代/女性)など、若い世代からの支持もあり、寅さんの“粋”は世代を越えて伝わっているようだ。

 続いて女性部門1位【浅香光代】の回答は「浅草で長年剣劇をやっているから」(埼玉県/40代/女性)、「浅草の女芸人と言えばこの人しか思い浮かばない」(神奈川県/40代/女性)などの回答が多く、浅草で活躍する舞台芸人として選ばれた。ほかには「しゃべり口調が浅草を感じる」(東京都/40代/男性)というように、威勢の良い江戸弁も選ばれた理由のようだ。

 男性部門2位は【北野武】。「最後の浅草発大物芸人という感じがする」(東京都/40代/男性)、「浅草が出発点だと知り、その印象が強い」(東京都/40代/女性)など。日本を代表する映画監督も、原点は下積み時代を重ねた浅草であることや、テレビなどで時折見せる江戸っ子気質から選ばれているようだ。

 女性部門2位は【泉ピン子】。「下町が似合う感じがするから」(千葉県/20代/女性)、「下町の風情が漂う」(埼玉県/40代/男性)など、温かい性格で親しみやすく身近に感じられるという回答が多い。

 以下、男性部門ではテレビドラマの影響もあり【西田敏行】が3位。女性部門では【中村玉緒】が選ばれた。浅草といえば活気にあふれ日本独特の感情、“粋”をイメージする人が多く、テレビドラマやCMなどで活躍する人気タレントというよりは、温かい人情や風情を感じさせてくれ、心地良さをもたらしてくれる有名人達が選ばれた。

(07年1月11日〜1月15日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】で、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の10代、20代、30代、40代の男女、各250人、合計2,000人を対象にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について