好感度家族”白戸(ホワイト)家”が初会見、上戸彩「初めは違和感も…」

本当の親子のような様子の上戸彩と樋口可南子  [拡大する]

本当の親子のような様子の上戸彩と樋口可南子 

■その他の写真はこちら

 ソフトバンクモバイルの2008年夏・新商品発表会見が3日(火)に都内で開催され、CMでおなじみの白戸家(ホワイトけ:上戸彩、樋口可南子、ダンテ・カーヴァー)が初めて会見に臨んだ。スタートから1年になる同CMシリーズについて上戸は「最初、設定を聞いたときはビックリしました。『なんだこれ、どう仕上がるんだろう』って思いましたよ」と、開始当初は“違和感”を感じていたことを明かした。

 今や日本一有名な家族といっても過言ではない白戸家。この日の会見には、一人旅に出ているという“お父さん”は欠席したものの、お母さん(樋口可南子)、お兄さん(ダンテ・カーヴァー)、彩(上戸彩)が勢ぞろい。樋口は「コンテが届くのがこんなに楽しみなCMはほかにない。長く続くシリーズになってほしい」と絶賛。一方、上戸は「初めは、お父さんとお兄ちゃんに違和感がありましたけど、今は普通です」と笑顔をみせ、「いつも撮っているときは意味がわからなくて、オンエアを見て理解しています。毎回撮影は楽しくて、演じてる側も幸せです」とアピールした。

 撮影は月に1回行われているということもあり、本物の家族のような仲の良さを見せていた3人。今回欠席したお父さんについては「ああ見えて怖いんですよ。初めはスタッフにかみついていました(笑)。最近落ち着いていますけど」(樋口)と撮影秘話も語られた。

 なお、この日は7日(土)からオンエアされる新CMもお披露目。彩がお父さんと間違えて普通の白い犬に彼を紹介するというコミカルな内容に、大勢の報道陣が集った会場からは笑い声がこぼれていた。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について