『ヤングサンデー』休刊で、人気作家が今後の去就を明言

■その他の写真ニュースはこちら

 7月3日発売の『週刊ヤングサンデー』(小学館)本誌に「7月31日(木)発売の35号をもって休刊するこことなりました」と休刊の報告が正式に掲載された。『機動警察パトレイバー』で知られ、現在『週刊ヤングサンデー』で『鉄腕バーディー』を連載中の漫画家・ゆうきまさみが自身のホームページで「正直言って腹は立ててますよ俺」と苦言を呈しながらも、「『鉄腕バーディー』はどうなるの?」というお問い合わせを多数いただいています。(中略)こんなことで終わるつもりは毛頭ありませんから全力で続行方法を検討中です」と今後も連載を継続していくと宣言した。

 87年に創刊された『週刊ヤングサンデー』は過去に高橋留美子の『1ポンドの福音』、 佐藤秀峰の『海猿』などが連載され、現在も黒丸の『クロサギ』、山田貴敏の『Dr.コトー診療所』など人気作品が連載されている。ところが、この5月に小学館が経営判断に基づいて休刊を発表しており、掲載作品の移籍先が注目を集めている。

 『機動警察パトレイバー』で知られる漫画家・ゆうきまさみは85年から『週刊少年サンデー増刊号』に不定期連載していた『鉄腕バーディー』をリメイクし、03年から『週刊ヤングサンデー』にて連載を開始。休刊を知ったゆうきは「おそらく「高度な経営的判断」が働いたのであろうと思いますが、僕が話を聞いたのが5月の10日過ぎですから、もういかんともしがたい状況でありました」と、休刊が決まってから聞かされていたことを明らかにし、「これだけやってれば雑誌に対する愛着も出てきますからね、正直言って腹は立ててますよ俺」と苦言を呈している。だが、「『鉄腕バーディー』はどうなるの?」というお問い合わせを多数いただいています。(中略)こんなことで終わるつもりは毛頭ありませんから全力で続行方法を検討中です。おそらくそれほど間を措かずにお知らせできると思いますが、読者の方にはご心配をおかけして申し訳ありません。安心していただけるよう頑張ります」と作品への愛着と読者のためにも、媒体は明かしてはいないが連載を継続していくと力強く宣言している。

 なお、『週刊ヤングサンデー』では「連載中の作品の休刊後の掲載及びコミックスの刊行予定は、(31日発売の)35号及び31日更新の「ヤンサンWEB」でお知らせします」としている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について