『DEATH NOTE』コンビによる新連載がいよいよスタート! テーマはズバリ“漫画”

 アニメ、実写版映画も大ヒットを記録した人気マンガ『DEATH NOTE』を手掛けた原作・大場つぐみ、作画・小畑健の最強コンビによる新作『バクマン。』が11日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)から連載されることが分かった。『DEATH NOTE』では、“善悪二元論”や“断罪”をテーマにした大場と小畑だが、新作では、ズバリ“漫画”をテーマに空前絶後の物語を展開していく。

 本日4日(月)発売号の同誌の予告では「衝撃の問題作!!」「次号、ジャンプが爆発する!!」など刺激的なキャッチコピーが並び、『DEATH NOTE』コンビが再び漫画界に衝撃をもたらすことは間違いなさそうだ。

 『CYBORGじいちゃんG』でデビューし、『人形草紙あやつり左近』、『ヒカルの碁』などでも知られ、スタイリッシュな絵には定評がある小畑と、『DEATH NOTE』以前は全く無名ながら、その正体にはさまざまな憶測が飛んでいる大場。二人が手掛けた『DEATH NOTE』は、名前を書かれた人間が死ぬという「デスノート」を手に入れ、犯罪者の粛清に乗り出した主人公・月(ライト)と、名探偵・L(エル)の巧みな心理戦を描き、大ヒットを記録。2度にわたる実写映画化も注目を集め、Lをスピンオフさせた『L change the WorLd』も公開された。

 新作『バクマン。』では、“漫画”をテーマに二人の少年を中心に描かれるようで、予告には「さらけだせ全てを!! 暴ききれ!!“漫画”の可能性を!!」とも書かれており、デジタルメディアの隆盛と共に、業界再編の傾向のある漫画界を震撼させる作品となるに違いない。



今月の写真ニュース一覧をみる


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について