パナソニックと三洋電機、資本・業務提携に関する協議を開始

パナソニックの大坪文雄社長(08年9月撮影)  [拡大する]

パナソニックの大坪文雄社長(08年9月撮影) 

■その他の写真ニュースはこちら

 パナソニックと三洋電機は7日(金)、両社の資本・業務提携に関する協議について、正式に合意したことを発表した。同資本・業務提携はパナソニックによる三洋電機の子会社化が前提。今後、提携に関するプロジェクトチームを立ち上げ協議を進め、12月末を目標に、進捗状況を発表する予定だという。両社が合併すると国内最大の電機メーカーになる。

 両社は今回の正式合意に際し、「両社の経営ノウハウや経営資源を共有化し、協業を通じてグローバルな競争力を獲得することをもって、両社の企業価値を最大化させることができると考えています」と述べている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について