マドンナ、離婚後の私生活は「とても悲しい」

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手のマドンナは、元夫で映画監督であるガイ・リッチーとの離婚が、ロンドンの裁判所で成立したばかりだが、その後初めてインタビューに応じた。米『US Magazin.com』によれば、マドンナは現況について「私生活に関してはとても悲しく思っているわ。でも仕事に関しては、私が今していること、それが出来る機会があることをとても幸運だと思うし感謝しているわ」と語っている。

 『Sticky & Sweet』ツアーの真っ最中であるマドンナは「(今は)気がまぎれて、前進できるの。何もすることが無くて、ただ離婚を乗り越えなくてはならないだけだったら、悲惨な状況だったわね」と明かしたようだ。6週間後には正式に離婚が決定し晴れて独身となる。裁判所の文書によると、離婚を申し立てたマドンナは宣誓陳述書の中でガイの「理解できない言動」を理由に離婚を求めていると言明しているという。

 資産5億ドルと言われるマドンナの財産分与に関して争うことは無かったが、3人の子供のうち8歳のロッコ君と養子に迎えたばかりのデイヴィット君3歳の養育権を分けることになったマドンナとガイ。これに伴い2人は米国と英国の2カ国を行き来する生活になるようだ。なお、長女のローデスちゃんは母と生活することになる。(たさいちやこ)


 マドンナ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について