間寛平、改造費1千万円!“世界一周”ヨットをお披露目

世界一周に使うヨットを披露した間寛平  [拡大する]

世界一周に使うヨットを披露した間寛平 

■その他の写真ニュースはこちら

 今月17日(水)に大阪から出発する『寛平アースマラソン』で、約2年かけて世界一周を目指す間寛平が3日(水)に都内で、航海で使うヨットを報道陣にお披露目した。船室をはじめ、通信衛星用のアンテナやテレビカメラなど「改造費に1千万円かかった」という寛平は「海外でもギャグをやりたい!」と笑顔。明石家さんまからは、メインの帆を収納しやすくするためのアイテム、“レジージャック”を贈られたことも明かした。

 船底には鯨よけとして“天敵”シャチ2匹を描いてもらったという寛平は、ヨットに同乗する元マネージャーと「船内で喧嘩をしないか心配ですね」と語った。

 2016年夏季五輪の招致大使に任命された寛平だが、来年10月にデンマークで行われる国際オリンピック委員会の総会までにはヨーロッパ入りする見込み。デンマークでも「ギャグはやるでしょう。『アヘアヘ〜』って言っていれば通じますよ」とマイペースなコメント。さらに、「プレッシャーはあるが、必ず西から帰ってきたい。さんまちゃんは『帰ってきなはれや!』って声をかけてくれるし、山崎邦正は1万円札の入った小さなお守りをくれた。とても嬉しいですわ」と、後輩の気遣いにも感謝している様子だった。

 関係者によると、寛平は直前まで恒例のホノルルマラソンに参加し16日夜に帰国。翌日、大阪からマラソンでまずは日本から海外への出発地となる千葉・鴨川を目指すことになる。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について