復活ブリトニー、稼げど稼げどお金はかかる一方・・・

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 歌手のブリトニー・スピアーズは、最新アルバム『サーカス』が好調で、見事な返り咲きを見せているが、稼いでも稼いでも、お金はかかる一方のようだ。ロサンゼルス上級裁判所は22日、現在保護観察下に置かれている彼女に対しサポートしているスタッフや家族に1.5ミリオン以上の費用を支払うよう命じたという。

 ブリトニーの父親であるジェイミーは保護観察者として自身の娘を管理下におくことで月に1万ドルを受け取っていた。しかし、彼女が思いのほかハード・スケジュールなことから昇給を申し出ており、22日からは月給1万6125ドルを受け取ることとなった。

 また裁判所は、ジェイミーが保護観察をするためのオフィスを借り受け、その家賃も月に1200ドル払うことを命じたようだ。ブリトニーの兄、ブライアンにも保護観察を手伝ったことで、20万ドルが支払われることとなった。

 さらに、ブリトニーの弁護士である、サム・イングハム氏にはその費用として14万3643ドルを、加えて共同保護人としての報酬で、8万1849ドル。この他、彼女の離婚弁護士費用、判決では、保護観察人を守る保険として、1.5ミリオンの保証金などなど枚挙にいとまがない。まさに地獄の沙汰も金次第と言った感じだ。(たさいちやこ)


 ブリトニー・スピアーズ



オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について