パイオニアがLDプレーヤーの生産終了を発表

■LD売上ランキングTOP10はこちら

 電器メーカーのパイオニアは14日(水)、レーザーディスク(LD)プレーヤーの生産打ち切りを発表。「DVL-919」、「CLD-R5」、「DVK-900」、「DVL-K88」の4機種合計約3000台の生産をもって終了する。なお、他社はすでに生産を終了しており、同社の撤退をもってLDプレーヤーは市場から姿を消すことになる。

 LDは直径30cmの両面ディスクに、最大2時間の映像・音声が記録されているメディア。レーザーカラオケの人気もあり、80年代から90年代前半に普及した。同社は初めてLDプレーヤーを発売した1981年10月以来、日本国内で累計約360万台を販売している。

 しかし、昨今はDVDやブルーレイディスク(BD)などの新たなメディアが市場に台頭・定着。「(LDプレーヤーの)生産に必要な専用部品の調達が困難になった」(同社)ため、生産終了を決めたという。

 なお、修理や部品交換などのアフターサービスについては従来通り対応していく。




オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について