社運を左右!? 「Honda」のWEBムービーはシュールな異色作

webムービー『あるひ突然 グリーンマシーン』(左:中村倫也、右:山崎真実)  [拡大する]

webムービー『あるひ突然 グリーンマシーン』(左:中村倫也、右:山崎真実) 

■その他の写真ニュースはこちら

 さまざまな企業CMが続々とオンエアされる中、自動車メーカーの『Honda』から現在配信中のWEBムービー『ある日突然 グリーンマシーン』が、その構成や一風変わったストーリー展開で話題を呼び、ネット上で注目度を高めている。同作はHondaが開発中の新型エコカー「グリーンマシーン」のPR作品。Hondaが社運を賭けたといっても過言ではない新商品のPRにもかかわらず、劇中では人気俳優が車を乗りこなし“どうだ! 格好いいだろう!!”的な映像は一切ない。

 型落ちのポンコツ車の被り物をした主人公と、お笑いのコントで見かけるような爆発ヘアーの“天才科学者”が登場し、人類のため、車の未来のため、コストパフォーマンスや環境保全を見据えた未来のエコカーの開発物語を、アニメと実写を織り交ぜながら展開していく異色作。監督・脚本を手掛けるのは、深夜ドラマ『ロス:タイム:ライフ』(フジテレビ系)でその名を広めた筧昌也だ。主人公はドラマ『トライアングル』(同)にレギュラー出演中の俳優・中村倫也が務め、ヒロインはグラビアモデル・女優の山崎真実が参加している。



オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について