ケータイ夏商戦 パナソニックはVIERAケータイなど9種類を発表

Wオープンながら防水機能のついたドコモP-10A  [拡大する]

Wオープンながら防水機能のついたドコモP-10A 

■その他の写真ニュースはこちら

 パナソニック モバイルコミュニケーションズは20日、都内で2009年夏モデルケータイの説明会を行った。横置きでワンセグテレビが視聴可能なWオープンスタイル携帯に防水機能をつけたNTTドコモの『P-10A』など3種類、9機種を発表。キャリアとしてはNTTドコモとソフトバンクモバイル向けのみとなり「KDDI(au)への商品は、秋以降も前向きに提案したい」とした。

 07年の秋冬モデルとして初登場以降、同社の主力商品となっているVIERAケータイでは今回、「撮る」「観る」「伝える」の3つの使いやすさを追求した製品を発表。防水機能をつけた『P-10A』や約8.1メガのカメラを搭載したスイングスライド携帯『P-08A』(NTTドコモ)。さらに、その2つの中間モデル的な位置づけとなる“トリニティスタイル”携帯(NTTドコモP-07A、SoftBank931P)なども登場する。

 また『P-07A』では、最大6人が同時プレイ可能な『機動戦士ガンダムONLINE』と大人気ゲーム『レイトン教授と悪魔の箱』を内蔵。一方、薄型ケータイでは10個の辞書や辞典が内蔵され、薄さ約10ミリのスリムボディがポイントのSoftBank『832P』などをラインアップ。

 広告もキャラクターには“進化、成長のシンボル”として2年前のビエラ携帯同様、インパクトの強いCMを制作すべく人気若手俳優の水嶋ヒロを起用し、今月22日より放映されることも発表された。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について