たかじん、大阪活性化の切り札に“コブクロ”を指名

やしきたかじん (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

やしきたかじん (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手でタレントのやしきたかじんらが28日、大阪・南港のWTC(ワールドトレードセンター)で自身が呼びかけ人代表を務める任意団体『OSAKAあかるクラブ』のキックオフイベントに出席した。“旧知の仲”である橋下徹・大阪府知事と平松邦夫・大阪市長らとトークセッションを行ったたかじんは活動の柱の1つとして来年、大阪城ホールで関西出身の歌手を集めたコンサートを計画していることを示唆。「コブクロは是非呼びたい!」とエールを送る一方、MINMIからは活動の趣旨を理解した旨の手紙をもらったことを明かし「ごっついライブをやりたい!」と力強く宣言した。

 『OSAKA〜』は今年還暦を迎えるたかじんが呼びかけ人代表・キャプテンに就任し、大阪府・市との連携をベースにして街の活性化を目的とする活動を支援する任意団体。元プロ野球・オリックスの清原和博氏や、上方落語の重鎮・桂ざこばらもすでに参加を表明している。活動第1弾としては、太陽をモチーフにしたTシャツを販売。収益は『御堂筋イルミネーション』などの開催費用として寄付される。

 活動趣旨に賛同している歌手の桑名正博香西かおりらの横で橋下知事は「人が豪華すぎて……何の集まりですか!」と興奮を隠せない。たかじんも、これまで歴代の大阪府知事、大阪市長がなかなか連携できなかったことを指摘した上で、税金投入をしたのにもかかわらず未だ多くの空きオフィスが多いWTCについて「色々考えたらここ(WTC)を府庁にするのがいいのに、何で府議会は反対するねん! 反対している奴出て来い! 俺も、1回(府議に)立候補してやろうかな?」と言いたい放題。最後には今月1日から23日までに集まった寄付金501万500円を橋下、平松両氏に贈呈した。


 やしきたかじん

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について