デンゼル・ワシントン、9年ぶり来日 地下鉄で“ナマ”発車アナウンス

デンゼル・ワシントン (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

デンゼル・ワシントン (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが20日、東京・都営大江戸線国立競技場駅構内で主演映画『サブウェイ123 激突』(9月4日公開)のイベントに出席した。劇中で地下鉄職員を演じることもあり、東京都交通局長から“一日運輸指令所長”に任命されたデンゼルは『ボーンコレクター』以来、9年ぶり4度目の来日について「久々に日本へ来る事ができて嬉しい。僕を支えてくれるファンも多くて感謝しています」とあいさつ。同駅午後1時23分発の特別列車の発車時には「デンシャー、シュッパツシマス〜」と日本語でアナウンスした。

 作品は米・ニューヨークの地下鉄を舞台に、平凡な地下鉄職員(デンゼル)とハイジャック犯(ジョン・トラボルタ)の巧妙な駆け引きで対決する姿を描いている。

 この日は、デンゼルと共に一日駅長に任命された西川史子女医も、制服姿で登場。オスカー俳優が放つ独特のオーラにメロメロな様子で視線を送り続けた。また、先日婚約を機に“セレブキャラ”を脱却していたハズだったが「私は普段、地下鉄を乗らないセレブですので…」と逆戻り。それでも「彼と一緒なら乗りたくなっちゃうし、映画も一緒に行きたいですよ!」とハニかんでいた。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について