皆藤愛子、未体験の“美人秘書”役でゲーム出演

皆藤愛子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

皆藤愛子 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 キャスターの皆藤愛子らが26日、都内で行われたPSP用ゲームソフト『J.LEAGUE プロサッカークラブを作ろう!6 Pride of J』(11月12日発売予定)のキャラクター発表会に出席した。同作には皆藤をはじめ、八田亜矢子など計6名の女性タレントが秘書やクラブオーナーとして実名出演。美人秘書役を務める皆藤は「やったことがない仕事。(現実でも)機会があればやってみたいですね」と笑顔をみせた。

 作品は、サッカークラブを“経営”視点で楽しめる人気ゲームの第6弾。オーナー役で出演する八田は、イベントの途中で流れたユーザーに挑戦するクラブチーム監督・ラモス瑠偉氏のVTRに「小学生の頃、ラモスさんが頑張っていたんですよね〜」と感激の面持ち。これを目の当たりにし、ラモスと同時期に活躍し、この日ゲスト出演していた元Jリーガー・中西哲生氏は「最近、ラモスさんとも『歳がとりましたね…』って話していたんです」とこぼすも、「僕がオーナーなら、みんな秘書室に入れたい!」と“オヤジ目線”全開で目尻を下げっぱなしだった。

 また、衛星波でJリーグの関連番組のキャスターを務め、今回テレビ局のリポーター役で登場する山岸舞彩は「(役は)自分の仕事そのもの。自然にやれましたね」と落ち着いた表情でコメント。そのほか同作に出演する大澤亜季子、鷲尾春果、伊藤友里もイベントに出席した。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について