ロバート・ゼメキス監督が来日会見 新作3D上映に「私はハッピー」

(左から)スティーヴ・スターキープロデューサー、杏、ロバート・ゼメキス監督 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)スティーヴ・スターキープロデューサー、杏、ロバート・ゼメキス監督 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 ロバート・ゼメキス監督、スティーヴ・スターキープロデューサー、モデルでタレントの杏が29日、都内で行われた映画『Disney’s クリスマス・キャロル』の会見イベントに出席した。イベントでは制作初期に作られた約30分間の世界未公開フッテージ映像が3D版で上映され、これを観客とともに鑑賞したゼメキス監督は「美しい形で上映できて、私はハッピー」と笑顔をのぞかせた。

 同作は、19世紀半ばに英ロンドンで誕生した小説家・チャールズ・ディケンズの同名小説が原作で、金銭欲の亡者・スクルージが不思議な体験を通して自らの人生を見つめ直す様子が描かれる。みどころについてゼメキス監督は「大好きなシーンがいくつかあるけど、誰にも観せていないシーン。スクルージが人生を考えなおし、改心するところ。感動的で気持ちが高揚するし、温かい気持ちになれる」と茶目っ気たっぷりに語った。

 来日会見には、新聞や雑誌で書評を発表するなど読書好きとしても知られる杏がプレゼンターとして登場。3D版での上映に、「さっき客席から観て、放心してしまいました」と第一声を語り、「原作にこれほど忠実に、さらに飛躍させたものってなかっただろうなって思った」と満足げ。最後には、今後同作を大使としてPRしていく杏に向けてゼメキス監督が、「杏、ぜひみんなに観てもらえるように頑張って。魔法をかけてください」とエールを送っていた。

 俳優のジム・キャリー が主演を含め7役を演じわけることでも話題の映画『Disney’s クリスマス・キャロル』は11月14日(土)より全国で公開。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について