全国初! “雲の形”のナンバープレート、じわじわと認知度アップ

全国初の“雲型”ナンバープレート  [拡大する]

全国初の“雲型”ナンバープレート 

■その他の写真ニュースはこちら

 司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に登場する秋山真之は、日本海海戦においてロシアのバルチック艦隊を破った戦略家としてよく知られている。日本が世界の一流国家として勃興を始めた時代、日本は多くの才人たちを群雲の如く輩出した。そんな秋山真之を生んだ愛媛県松山市では、原付バイクに取り付けられるちょっとかわいい“雲形ナンバープレート”が2007年より交付され、その存在がじわじわと全国に知れ渡り話題を呼んでいる。雲のように曲線を使ったナンバープレートは全国で初めての試み。松山市内では、“坂の上”で“雲”のナンバープレートを付けたバイクを見ることができる。

 この角のない「雲をイメージしたかたち」は、小説「坂の上の雲」の舞台となった松山市をアピールすると共に、温暖な地に過ごす、松山の人の“おおらかさ”も表現したもの。ナンバープレートの標記も、これまでの「松山市」から「道後・松山市」に変え、「日本書紀」にも登場するという名湯・道後温泉をアピール。また、ナンバーを5桁から4桁にし、ナンバー横のひらがな文字をアルファベットに変更。色も排気量に応じて白(50CCまで)、黄(90CCまで)、ピンク(125CCまで)を用意した。

 地元の販売店「ホンダショップ今井」によると、当初は女性を中心に利用者が広がり、男性には恥ずかしがる人もいたそうだが、今では男女問わず人気で、全体の9割近くの方がこの雲形ナンバープレートを選ぶとの事。ホンダショップ今井店では雲形のナンバープレートの斜め上に付ける付属品として、虹色のプレートも2700円で販売している。ただ、残念ながら雲形ナンバープレートの登録・交付に当たっては、原則として“松山市に運行拠点を持つ車両であること”が条件となっている。

 秋山真之と同郷の友人でもあった俳人・正岡子規の愛した万葉集には、遠く離れた場所や人への思いを雲に託した数多くの歌が詠まれている。これから秋の行楽シーズン、たまには故郷の思い出の場所、思い出に残る人物を訪ねてみるのもいいかもしれない。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について