iPodの国内シェア、10月で初の70%越え

『iPod』の新シリーズ  [拡大する]

『iPod』の新シリーズ 

■その他の最新写真ニュースはこちら

 アップルの『iPod』が2001年11月に日本で発売されて以来、国内のデジタルミュージックプレーヤー市場のシェアで、2009年10月に初めて70%を越えた。家電などの市場調査会社・GfKの調べでわかった。

 アップルは今年9月10日に、iPodの新シリーズを発表。『iPod nano』の動画撮影機能といった新機能や、『iPod touch』『iPod nano』の値下げなども功を奏し、初のマーケットシェア72.4%を記録した。

 また、ゲームやお役立ちアプリケーションの充実したラインアップ、周辺機器の多様さなどもユーザーの購買意欲を刺激したようだ。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について