「ライセンシング・オブ・ザ・イヤー」初代大賞はポケモンが受賞

グランプリに輝いた『ポケットモンスター』のキャラクター・ピカチュウ (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (c)Pokemon  [拡大する]

グランプリに輝いた『ポケットモンスター』のキャラクター・ピカチュウ (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokemon 

■その他の写真ニュースはこちら

 2008年度に最も活躍したブランドロゴ・キャラクターを決める初のアワード『ライセンシング・オブ・ザ・イヤー2009 in JAPAN』が、ライセンシング・アジア実行委員会/LIMA(国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会)より15日に発表され、初代グランプリにゲームやアニメ、グッズなどで世界的に高い人気を誇る『ポケットモンスター』が選ばれた。また、2008年度は“ゆるキャラ”ブームに沸き、各都市でご当地キャラが誕生した年だったが、平城遷都1300年祭のマスコットキャラクター『せんとくん』が唯一、選定委員特別賞を受賞している。

 今回初めて開催された同アワードは2008年度(2008年4月〜2009年3月)に活躍したキャラクターやブランドが対象。一般投票を経て選ばれた全47の“ノミネートプロパティ”の中から、アワード選定委員が全8賞を決定した。

 初代グランプリに輝いた『ポケットモンスター』について、同委員会は「その市場性や社会性など、すべての審査基準において高く評価された」とコメント。その他、キャラクター・ライセンス賞は『豆しば』、プロモーション・ライセンシー賞は桃屋のCM『ごはんですよ! のり平&ゲゲゲの鬼太郎』、リテイル賞は『リラックマストア』、ニューフェイス賞は『ぬ〜ぼ〜』が受賞している。

 また、同委員会は「キャラクター・ライセンス賞ではポケットモンスター、PEANUTS、リラックマ、Care Bears、豆しば、スージー・ズーなど、新旧の人気キャラクター14がノミネートされ激戦が予想された」と選考の様子を語っており、その中でも『新しいビジネスモデルが評価された』ことから『豆しば』が選ばれたという。『ポケットモンスター』のグランプリ受賞は「圧倒的な大差」だった。

 各賞の受賞ブランド・キャラクターは以下の通り。

●グランプリ『ポケットモンスター』
●キャラクター・ライセンス賞『豆しば』
●ブランド・ライセンス賞『チュッパチャプス』
●プロダクト・ライセンシー賞『株式会社キューブ』
●プロモーション・ライセンシー賞『株式会社桃屋(ごはんですよ! のり平&ゲゲゲの鬼太郎)』
●リテイル賞『リラックマストア』
●ニューフェイス賞『ぬ〜ぼ〜』
●選定委員特別賞『せんとくん』、『くまのがっこう』

街角の女のコにもピカチュウは人気!今日の注目GIRL

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について