今年中に観ておきたい“エンタメ・ステージ”、劇団四季をおさえ1位「コルテオ」

■今年中に見たい『エンタメ・ステージ』特集ランキング

 圧倒的なパフォーマンスで瞬時に観客を魅了する“エンタメ・ステージ”の世界。現代劇や音楽劇、サーカスなど、ジャンルはさまざまだが、数あるステージのなかで最も期待度が高い作品とは? ORICON STYLEでは、今年中に『観ておきたいエンタメ・ステージは?』というアンケートを実施したところ、結果はエンタテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の【コルテオ】が1位を獲得。「世界観と技の素晴らしさに興味を持った」(東京都/20代/女性)という意見が多数。2位、3位に着けた「劇団四季」の名作をおさえ、見事トップに躍り出た。

 カナダ出身のサーカス団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の『コルテオ』は、イタリア語で“行列”を意味する言葉。現在、東京・原宿にて凱旋公演中の同公演は、1984年の結成以来、初めてセリフを取り入れた演目であり、祝祭のパレードで、独りのクラウン(道化師)を中心に繰り広げられる悲喜こもごもなドラマも見どころの1つ。「世界中を周っているショーなので、2度と観られないかもしれないから」(神奈川県/20代/女性)というコメント通り、同劇団は1989年にアメリカで『エミー賞』を受賞して以来、世界各国で数々のエンタテインメント賞を獲得している。

 そして2位、3位には、日本を代表する劇団「劇団四季」から2作続けてランクイン。まず2位には、1998年の東京公演開始から11年にわたりロングラン公演を続け、現在までに世界11ヶ国で上演されている名作【ライオンキング】。3位には、同劇団の代表作の1つ【キャッツ】が登場。こちらも1983年の初演から20年以上続くロングラン公演で、公演回数7000回以上にものぼる。2作品にはいずれも「迫力があって最高だったから!」(埼玉県/20代/男性)、「何度観ても新鮮な感動が味わえる」(埼玉県/40代/女性)と、リピーターからの熱い声が届いた。

 そのほか、4位には2007年に日本に初上陸した【ブルーマングループ IN 東京】も登場。「独特のパフォーマンスは一見の価値あり」(東京都/40代/男性)と、文字通り“異色”の青い3人組が展開する世界観が支持されている。また、アクロバティックなステージやミュージカルだけではなく、9位には映画【パッチギ!】の舞台版も挙がっている。「舞台で井筒監督がどんな演出をするのか注目している」(東京都/20代/男性)と、映画と同じく井筒和幸監督が総合演出を務める、東京・新国立劇場での12月の初演に期待が寄せられた。

【調査概要】
調査期間:10月19日(月)〜10月21日(水)
調査対象:合計900人(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の男女、各150人)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

>>■今年中に観ておきたい!エンタメ・ステージ特集



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について