マイケル・ムーア監督、日本で初めて見た自動開閉便座に感動

マイケル・ムーア監督 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

マイケル・ムーア監督 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 米国の資本主義の実態を暴くドキュメンタリー映画『キャピタリズム 〜マネーは踊る〜』のジャパンプレミアが11月30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、初来日したマイケル・ムーア監督が舞台あいさつに登壇。ムーア監督は、日本で初めて見たという自動開閉便座への並々ならぬ思いを明かし、日本の技術開発力を絶賛した。

 この日の舞台あいさつには、社会風刺コント集団、ザ・ニュースペーパーのオバマ大統領(兼コイズミさん)とハトヤマさん(兼アソウさん)もゲスト出演。ムーア監督は、天皇陛下に90度のおじぎをしたオバマ米大統領を真似て、同様のポーズで2人を出迎えただけでなく、鳩山由紀夫首相の偽装献金疑惑についても、「私にもお母様に援助してもらいたいと思います。あるいは、車のタイヤでもいただけたらいいな」とネタにして、風刺家としての格の違いを見せ付けた。

 また、黄色いだるまにヒット祈願の目入れを行う段取りに、ムーア監督はきっぱり「NO。こういうときには私利私欲ではない願いごとをすべき」と言って筆で目を描き、「今、泊まっているホテルの部屋のトイレは、近づくと自動的に便座のふたが上がる。初めて見ました。皆様の自宅にもこのトイレが設置できるようにと願いました」と一流のユーモアを見せた。

 ムーア監督は自動開閉する便座にいたく感心したようで、「これまでも日本の技術、技術開発の力に敬意を払いたい。日本では技術が暮らしをより良くするために使われている。技術を破壊兵器に使う国も少なくないから、本当に素晴しい」と称えた。  なお舞台あいさつ後、ムーア監督はそのまま劇場に残り、観客と一緒に同作を鑑賞した。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について