人気ゲーム『龍が如く』最新作テーマ曲にZeebraが書き下ろし楽曲を提供

Zeebra (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

Zeebra (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 ヒップホップ歌手・Zeebraが人気ゲーム『龍が如く4 伝説を継ぐもの』(来年3月18日発売)のテーマソング「Butterfly City Feat.RYO the SKYWALKER & MUMMY-D」を書き下ろしたことが15日、わかった。Zeebraが同シリーズに楽曲提供するのは『龍が如く 見参!』以来、2度目となる。この日、都内でお披露目ライブを行ったZeebraは「コンセプトなどは皆で決めたので“四転六転”したけど、自分の代表曲にもなったと思います」と出来栄えに自信満々だった。

 『龍が如く』シリーズは架空の巨大歓楽街を舞台に、リアリティを追求して展開される人間ドラマがうけて大ヒット。今作ではパチンコ店やキャバクラ嬢とのデートが可能な施設も登場する。ゲーム内に登場するキャストの声優にも力を入れており、今回は成宮寛貴、小沢真珠、桐谷健太、遠藤憲一、沢村一樹らが担当。北大路欣也は、声優のみならず3DCGキャラクターにも起用されている。また、今回はヒップホップグループ・RHYMESTERのMCとして活躍するMUMMY-D、レゲエDJなどで活躍するRYO the SKYWALKERらも楽曲収録に参加した。

 セクシーなポールダンスを披露する美女2人の横で歌唱したZeebraは「元々、こういうゲームは没頭しすぎて何もしなくなっちゃうので事務所から止められてるが、『龍が如く』だけは認められた。あと、実生活でゲームと同じ(危険な)ことをしないようにしなきゃって思っています。ある意味、このゲームをやってバーチャルで練習して実社会でやられないようにしないと・・・」と、主人公・桐生一馬を中心とした愛情から裏切り、暴力までさまざまな“人間ドラマ”を描いた作品に惚れ込んでいる様子だった。


 ZEEBRARhymesterRYO the SKYWALKER

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について