【2009年映画興収】3年ぶり2000億円突破で歴代2位 邦画は歴代1位

2009年興収ランキング1位となった『ROOKIES -卒業-』(写真はDVD通常版パッケージ)  [拡大する]

2009年興収ランキング1位となった『ROOKIES -卒業-』(写真はDVD通常版パッケージ) 

■その他の写真ニュースはこちら

 日本映画製作者連盟による『2009年(平成21年)全国映画概況」が28日、発表された。興行収入は2060億3500万円で3年ぶりに2000億円の大台を突破し、過去最高の2004年の2100億円に次ぐ歴代2位の興収成績となった。邦画は年間興収1173.1億円で、映連が興収での発表を行うようになった2001年以降で最高記録を2年連続で更新。対する洋画は公開本数74本減のなか、興収は2001年以降では最低の成績だった前年実績から約100億円増となる887.3億円を記録したが、2年連続で洋画のシェアを邦画が上回った。

 様々な業界でデフレが進む中、入場料金の単価が上がったことについて映連の大谷信義会長は「シネコンの割引サービスが落ち着いたのと、昨年は3D映画元年ということで、入場料金を高く設定した3D作品(『ボルト』『クリスマス・キャロル』『カールじいさんの空飛ぶ家』『アバター』)が高い稼働をしたのが要因」と分析。映画館数はここ数年100スクリーン以上の増加が続いていたが、2009年は37スクリーン増にとどまり、シネコンの新規オープンのピークが過ぎたものと見られる。現在、3396スクリーンのうち、デジタル対応は440スクリーンで、3D上映が可能なスクリーン数は351となっている。

2009年(平成21年)全国映画概況(カッコ内は前年実績、前年比)

入場人員=1億6929万7000人(1億6049万1000人、105.5%)
興行収入=2060億3500万円(1948億3600万円、105.7%)
 うち邦画興収=1173億900万円(1158億5900万円、101.3%)、シェア56.9%
 うち洋画興収=887億2600万円(789億7700万円、112.3%)、シェア43.1%
平均入場料金=1217円(1214円)
公開本数=762本(806本)
 うち邦画=448本(418本)
 うち洋画=314本(388本)
映画館数=3396スクリーン(3359スクリーン)
邦画10億円以上番組数=34(28)、興収合計833.4億円(850.3億円)
洋画10億円以上番組数=23(24)、興収合計602.2億円(559.3億円)
邦画・洋画10億円以上作品興収合計=1435.6億円(1409.6億円)

作品別興収TOP5 邦画
『ROOKIES−卒業−』(85.5億円)
『劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス超克の時空へ』(46.7億円)
『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』(44.1億円)
『ヱヴァンゲリオン新劇場版:破』(40.0億円)
『アマルフィ 女神の報酬』(36.5億円)。

作品別興収TOP5 洋画
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(80.0億円)
『レッドクリフPartII 未来への最終決戦』(55.5億円)
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(52.0億円)
『WALL・Eウォーリー』(40.0億円)
『2012』(38.0億円)。


⇒『ROOKIES−卒業−』が2009年邦画の興行収入1位を獲得!
 人物紹介場面カットレポート

【2010年公開映画特集】
賞レースの注目作品 続々日本公開バンド音楽映画ブームが来た!

◆関連ニュース 映画

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について