今年最初の大型宝くじ『グリーンジャンボ宝くじ』発売開始〜1万円の特別賞68万本も用意

西銀座チャンスセンターには早朝から宝くじを買い求める人の列が見られた(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

西銀座チャンスセンターには早朝から宝くじを買い求める人の列が見られた(C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 2010年最初のジャンボ宝くじとなる『グリーンジャンボ宝くじ』が15日、全国で一斉に発売され、東京・中央区の西銀座チャンスセンターには発売開始前から約200人が列を作った。1億7000万枚の枚数限定発売となる同宝くじは、1等1億5000万円が17本、1等の前後賞2500万円が34本。最高2億円が当たるチャンスが作られているほか、今回は特別賞として1万円が当たる「春のおとずれ賞」68万本も用意されている。

 この日の東京はくもり空。底冷えするような寒さのうえに降雨の予報も出ているが、宝くじ売り場のメッカである西銀座チャンスセンター前には多くの人が億万長者の夢を胸に列を作り、8時30分の発売開始とともに窓口へ歩みを進めた。

 今回の宝くじの図柄は、昨年7月〜9月に小学生以下の子どもを対象に募集したデザインの中から選定。幼稚園年中の天童愛莉咲(てんどうありさ)ちゃんが描いたイラスト「花と緑と私の友達」が採用されている。

 「グリーンジャンボ宝くじ」は3月5日まで発売(最終日を前に売り切れる場合もあり)。運命の抽せんは3月12日に行われる。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について