亀田兄弟がチャンピオンベルト手に初渡英 映画『アリス〜』ワールドプレミアに出席

亀田興毅はフィリピン合宿から一旦帰国して、すぐ渡英。兄弟チャンピオンとしてワールドプレミアに招待された  [拡大する]

亀田興毅はフィリピン合宿から一旦帰国して、すぐ渡英。兄弟チャンピオンとしてワールドプレミアに招待された 

■その他の写真ニュースはこちら

 ボクシングのWBC世界フライ級王者・亀田興毅選手と同WBAフライ級王者・亀田大毅選手が25日(日本時間26日早朝)、英ロンドン市内のザ・オデオン・レスター・スクエア劇場で開催された3D映画『アリス・イン・ワンダーランド』のプレミア上映会に招待され、冷たい雨が降る悪天候の中、チャンピオンベルトを持ってグリーンカーペットを歩いた。亀田兄弟にとって初めての渡英にして、初のワールドプレミア体験。周囲の反応に兄・興毅は「3兄弟で世界チャンピオンになって、誰からも知ってもらえるようがんばりたい」と決意を新たにした。

 同作は、ルイス・キャロルの小説『不思議の国のアリス』のその後の冒険を描いたオリジナルストーリーを、ティム・バートン監督と米俳優ジョニー・デップが『シザー・ハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』などに続いてタッグを組み、実写映像とモーション・キャプチャーを融合させた驚異の3D映像で映画化。

 アリスが“うさぎの穴”から迷い込むファンタジーワールドをイメージして装飾された会場には、デップが演じる“帽子屋”や、奇妙なキャラクターたちのコスチュームで着飾ったファンなど3000人が集結。タキシードにチャンピオンベルトの亀田兄弟が地味に見えたほどで、興毅のコメントも「今日はしっかり映画を観て、3月27日の初防衛戦に向けて、“戦うアリス”から闘志をもらおうと思う」と控え目に聞こえた。

 そこへティム監督がやってきて、目の前の男性2人が「兄弟でボクシングの世界チャンピオン」ということを知ると大喜び。「すごいね。これ(チャンピオンベルト)触ってもいい?」と亀田兄弟に近づき、「2人ともかっこいいよ! 次は日本で会おう!」と興奮気味に語った。

 同作で、19歳に成長したアリスは、伝説の“救世主”として、ワンダーランドを救うために戦うことを決意する。“戦うアリス”のイメージから、映画配給のウォルト・ディズニーの日本法人が兄弟を招待し、兄弟も出演を了承した。映画鑑賞後には「3Dがすごい! 迫力がすごかった! 自分たちも1試合1試合、決意して臨んでいる。そこが戦うアリスとの共通点!」(大毅)、「雨は残念やったけど、きょうは今までにしたことがない経験ができて、いい日になりました」(興毅)と、兄弟揃っての“プレミアナイト”を堪能した様子だった。

 なお、この日のグリーンカーペットにはデップ、ミア・ワシコウスカ(アリス役)、ヘレナ・ボナム・カーター(赤の女王役)、アン・ハサウェイ(白の女王役)、アヴリル・ラヴィーン(エンディングソング担当)が登場。さらに、英国のチャールズ皇太子とカミラ妃も駆けつけた。

 普段は自分の作品を滅多に観ないデップも、この日はみんなと一緒に鑑賞。「自分の作品を観るというより、ティムや他の共演者たちの作品を観に来た感じ」と少し照れくさそうに語り、「早く日本に行きたい。今、他に抱えているプロジェクトがあるから、早く日本に行けるようがんばるよ」と日本のファンにメッセージを残した。

 映画『アリス・イン・ワンダーランド』は3月5日(金)に全米公開、日本では4月17日(土)より全国公開。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

映画インタビュー記事一覧
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について