はんにゃ、“戦国武将キャラ”で「ズグダン」披露も、出来栄え「0点」と肩落とす

『武将都市ナゴヤキャンペーン』イベントにPR奉行として出席した、はんにゃの(左から)川島章良、金田哲 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

『武将都市ナゴヤキャンペーン』イベントにPR奉行として出席した、はんにゃの(左から)川島章良、金田哲 (C)ORICON DD inc. 

■その他の最新写真ニュースはこちら

 お笑いコンビのはんにゃが7日、都内で『武将都市ナゴヤキャンペーン』のイベントにPR奉行として出席した。愛知出身で元々、武将が大好きという金田哲は憧れの“甲冑(かっちゅう)姿”に「正直、小さい子が着てる感じで5月人形みたいでした…」と苦笑い。それでも気持ちだけは“お笑い戦国武将”を名乗り出て、「お笑い界の天下を取ってやる!と(相方の)川島くんが言ってました」と無茶振りで川島章良を困らせる一幕も。最後にはその第一弾として“武将版”「ズグダンズンブングンゲーム」を披露したが、出来栄えはよくなく「0点です…」(金田)と肩を落とした。

 また、金田は甲冑姿を活かしてのNHK大河ドラマ出演について「今回は武将で、年齢も若いのであまり似合わないけど、ひょうきんな足軽とかはまだ出てきていないでしょ?出来ると思うので、いいアピールになりましたよ!」と得たものがあった様子。いつもは金田より遅れを取るキャラがすっかり定着した川島も、「僕も武将(の格好で)でよかった」と胸をなでおろしていた。

 一方、この日一部スポーツ紙で報じられた同じ所属事務所の先輩にあたるなだぎ武、友近の破局報道には金田が「あ〜お腹が痛い!!!」とのた打ち回るそぶりを見せてノーコメント。川島もその事実を知らないことを強調して、その場を去った。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について