首都高速中央環状線山手トンネル、渋谷〜新宿間がついに開通

開通式をおこなった山手トンネル・渋谷〜新宿間 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

開通式をおこなった山手トンネル・渋谷〜新宿間 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 首都高速中央環状線の3号渋谷線から4号新宿線の区間を結ぶ山手トンネルの開通記念式典が28日、同所にて行われた。今回の開通により、3号渋谷線(東名方面)と川口線(東北道方面)および6号三郷線(常磐道方面)が中央環状線で接続され、首都圏内の交通渋滞の緩和、環境改善に貢献が期待される。式典にはタレントの近藤真彦もお祝いに駆けつけ、通り初めを行い「見やすい標識などを見て、ドライバーのこと考えてるなと思った。いいこと尽くしのトンネルですね」と感想を語った。同所は本日午後4時より開通。

 3号渋谷線から4号新宿線の区間を結ぶ山手トンネル4.3キロが開通する事により、中央環状線47キロの約8割が完成。これにより、東名(用賀)から東北道(川口)まで渋滞ピーク時の平日11時台には58分かかっていた所要時間が、今回の山手トンネル経由で18分短縮し、さらに東名(用賀)から常磐道(三郷)間も15分短縮される見通し。開通前に比べて渋滞長が約3割減少するとしている。

 大橋ジャンクションでは東名方面と都心環状線方面につながることで、交通状況に合わせて渋滞を迂回する経路選択も可能に。物流や旅客、緊急輸送などの機能確保の貢献にも期待される。

 平成25年には中央環状線の最後の区間となる中央環状線品川線が開通予定。

【2010年度版】顧客満足度の高い自動車保険ランキングをチェック!

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について