“山形出身”ウド鈴木、「日本語も山形弁も片言」

キャイ〜ンのウド鈴木 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

キャイ〜ンのウド鈴木 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビ・キャイ〜ンのウド鈴木とタレントの佐藤唯が4月30日、東京・銀座にある山形県アンテナショップ『おいしい山形プラザ』の1周年記念セレモニーに山形出身芸能人代表として出席した。同席した吉村美栄子山形県知事と佐藤が方言を交えたトークを展開するも、ウドは「東京暮らしが長いから、わからなくての〜」と若干置いてきぼり。さらに「今でも日本語が片言で、方言も片言」と自虐気味に笑い飛ばし、山形県知事立候補の可能性を聞かれると「とんでもない! 僕、いつもブレてるし、今日を生きているだけで精一杯です」と笑いに変えていた。

 山形県の文化、観光のPRと県産品、県産食材拡大を目指して昨年オープンした 同ショップ。同県の特命観光大使に佐藤と共に任命されたウドは「『五月雨をあつめてはやし最上川』というのは(松尾)芭蕉の句ですけど、40歳を過ぎると芭蕉もいいこと言うな〜って思います。山形に来て、ふるさとを感じてほしい」と大使としての任務を全う。「あと、美人も多いね」と吉村知事や佐藤らを喜ばせ、目尻を下げた。

 「いずれ山形県知事就任もある?」と話題を振られたウドは「そりゃないでしょう。才能が全くもってないですから」とキッパリ。それでも、自身が知事になった姿を妄想し「山形県を首都にしたい。日本の顔になるような、楽しさが伝わるようなことをやりたいな〜」とビッグプランをのらりくらりと語った。

 また、巷では女優・沢尻エリカ と夫・高城剛氏の離婚問題が話題となっているとあって、報道陣から「もし奥さんに三下り半突きつけられたら?」と質問が飛ぶ一幕も。これについては「僕の場合だったら、僕の非しかないでしょうね。あはは〜、はい」(ウド)とあっけらかん。吉村知事が、今秋にデビューする山形県産の新米「つや姫」とかけて「ウドちゃんの“つや姫”は?」と好パスを投げると「妻ですね〜」と夫婦円満をアピールしていた。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について