世界中のGoogleトップページロゴが『パックマン』のゲームに

世界初の“遊べるロゴ”で『パックマン』30周年を祝うGoogleのトップページ  [拡大する]

世界初の“遊べるロゴ”で『パックマン』30周年を祝うGoogleのトップページ 

■その他の写真ニュースはこちら

 1980年代にヒットしたゲーム『パックマン』の生誕30周年を記念し、検索エンジンのGoogleは22日午前0時より、トップページのロゴを“パックマン”をモチーフにした特別バージョンに変更した。これまでにもさまざまな“限定ロゴ”を展開してきた同社だが、今回は同作を楽しめてしまう世界初の“遊べるロゴ”として話題を呼びそうだ。限定ロゴの掲出期間は48時間限定で、日本のみならず全世界のトップページが対象。PC版のほかiPadやスマートフォンなどからもプレイ可能となっている。

 同社が初めて取り組んだ今回の“遊べるロゴ”は、オリジナルの『パックマン』に近付けるためにグラフィックをはじめサウンド、パックマンを追いかけるモンスターまでも忠実に再現。レベルは256面まであるほか、「Insert Coin」をクリックすると“Ms.PAC-MAN”と対戦できるオマケゲームも用意されているから本格的だ。なお、「Google」の文字はパックマンが通る迷路を使って表現している。

 『パックマン』はナムコ(現バンダイナムコゲームス)が1980年5月22日にアーケードゲームとして発売し、その後家庭用ゲーム機にも移植された伝説的アクションゲーム。丸く黄色いキャラクター「パックマン」を操り、徘徊しているモンスターたちに捕まらないようにしながら迷路の中に点在している“ドット(えさ)”をひたすら食べていく内容で、シンプルな操作性と見た目の愛らしさで日本のみならず米国でもヒットし、2005年6月には「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス・レコードに認定されている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について