『SATC2』のメインキャスト4人が「コンニチハ」と来日会見

(左から)シンシア・ニクソン、クリスティン・デイビス、キム・キャトラル、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・パトリック・キング監督 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)シンシア・ニクソン、クリスティン・デイビス、キム・キャトラル、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・パトリック・キング監督 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 米映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』(マイケル・パトリック・キング監督、6月4日公開)のプロモーションのため来日したメインキャスト4人が5月31日、都内で記者会見を開いた。4人とキング監督は日本語で「コンニチハ」とあいさつ。主演のキャリー役を演じる米女優サラ・ジェシカ・パーカーは「全員揃って来日できたことをとても嬉しく思います。日本の温かい歓迎、ありがとうございます。明日のプレミアイベントでは、ファン一人ずつにお礼を申し上げるつもりで、楽しみにしています」と話した。

 ミランダ役のシンシア・ニクソンは「普段、ニューヨークにいることが多いけど、日本のファンの方が寄ってきて、どれほどこの作品が日本で人気かよく話してくれるの。昨日の(成田)空港でも何百人もの女性が興奮して迎えてくれて、チョコをくれたり、花束をくれたり、嬉しかったわ」。シャーロット役のクリスティン・デイビスも「シンシアに同感だわ。日本での出足は最高よ」。サマンサ役のキム・キャトラルは「(日本語で)日本に来れて本当に嬉しいです。(英語で)日本語のアクセントはどうです?」と会場をわかせた。

 同作は米ニューヨークを舞台に、恋愛やセックスを通して女性4人の生き方、人生の選択を描いた人気テレビドラマの映画版第2弾。1998年にテレビシリーズが始まってから10年以上も同作のキャラクターを演じている4人。サラは「これだけ長い間、ひとつの役を演じられるのは、稀なこと。二重の人生を送っている気がする。私自身がキャリーだと勘違いしてしまわれることもあって、うっとうしいと思うこともあるけど、それ以上に世界中の人々がキャリーを知っていることを光栄に思うし、感謝の気持ちが多い」と話した。

 会見では、今作を「女性版『007』のようだ」と指摘した女性記者にキング監督が「良い観察だと思う。この作品を撮った僕はどんなに派手で、ありえない世界でもいいと思っている。なぜなら、女性が観て納得できるリアリティの上に作られているから。日常生活で観られないものを映画館に観に行く、そういう望みを叶える作品なんです」と作品をアピールした。

 前作で、ベストセラー作家のキャリーはミスター・ビッグと遂にゴールイン。シャーロットは2度目の結婚で悲願の妊娠・出産。弁護士のミランダは夫の浮気に激怒するが復縁。PR会社社長のサマンサは自由奔放な恋愛をあきらめきれず、年下の恋人との別離を選んだ。あれから2年が経ち、新しいハプニングに見舞われた4人がとある砂漠の国へ、女だけの逃避行に出かける。ストーリーだけでなく、4人がまとうファッションや旅先のロケーションが注目を集めている。


◆関連ニュース 映画情報映画インタビュー

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について