ブラピと結婚間近!?のアンジェリーナ・ジョリー、7月に来日決定

映画『ソルト』新ポスター  [拡大する]

映画『ソルト』新ポスター 

■その他の写真ニュースはこちら

 米女優アンジェリーナ・ジョリーが、主演映画『ソルト』(フィリップ・ノイス監督、7月31日公開)のプロモーションで1年半ぶりに来日することが7日、わかった。昨年1月の『チェンジリング』のPR来日では、パートナーのブラッド・ピットや子供たちも同行して日本滞在を楽しんだが、今回は超ハードスケジュール。7月26日に到着予定で、翌27日に都内で記者会見とジャパンプレミアを行い、同日夜には次の目的地へ飛び立つという。

 アンジーは、5月末までにジョニー・デップとの共演で注目を集める映画『ザ・ツーリスト(原題)』(配給:ソニー・ピクチャーズ)の撮影を終えたばかり。その撮影中にブラピと結婚する決意を固めたという報道が世界中を駆け巡り、ゴシップ界での注目もいっそう高まっている中で、『ソルト』のプロモーション世界ツアーを敢行する。

 同作は、冷戦時代に存在したとされるエリートスパイ養成所の伝説を軸にした、サスペンスアクション超大作。アンジーは、CIAに勤めるアメリカ人女性・ソルト役で、スパイ容疑をかけられ追われる身となり、顔を変え、髪の色を変え、別人になりすまして真相を突き止めようとする。アンジーの七変化と体を張ったアクション、そして巧妙に仕掛けられた罠の先に驚愕のラストが待ち受ける。

 アンジーとノイス監督とは、『ボーン・コレクター』(1999年)以来2度目のタッグ。当初、主人公をトム・クルーズが演じる予定で企画されていたが、急きょアンジー主演に決まったいきさつがある。女性版に脚本が書き換えられたが、アクションシーンの過激さはそのまま残された。

 『トゥームレイダー』『Mr.&Mrs.スミス』『ウォンテッド』など、アクション映画でヒットを飛ばしてきたアンジーにしても、かつてない過酷なアクションに挑戦することとなった。体重を落として身体を絞り、撮影では実際に負傷しながらも、全編においてほぼ全てのアクションを自ら演じた渾身の一作だけに、プロモーションにも熱が入るようだ。

※最新予告編をORICON STYLE 映画予告編コーナーにて公開中。

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について