集英社、漫画雑誌を初めてiPad提供

■その他の写真ニュースはこちら

 集英社は17日、季刊誌『ジャンプ.SQ19』をタブレット型端末「iPad」専用アプリとして配信すると発表した。同社漫画雑誌をiPadで配信するのは初の試みで、アップル社の「App store」から単独アプリ型で10月末日まで期間限定配信を行う。19日から配信する初号は体験版として無料で提供し、26日から配信する初号と2号をセットにして税込450円で提供する。

 今回の取り組みは8月19日発売の「夏号」のプロモーションと、正規版データの配信が違法コンテンツ駆逐に及ぼす効果や“iPadアプリ配信の可能性”を検証する実験的なものとなるが、同社は「今後の本格配信展開を見据えたもの」としている。

 『ジャンプ.SQ19』は、月刊誌『ジャンプ.SQ』から派生した季刊誌で今年5月に創刊。配信されるのは一部の作品を除くマンガ作品のみで、雑誌内の記事は配信しない。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について