福袋ならぬ“不幸袋”発売

ヴィレッジヴァンガードオンラインで12月3日より予約販売を行う、福袋ならぬ『不幸袋』  [拡大する]

ヴィレッジヴァンガードオンラインで12月3日より予約販売を行う、福袋ならぬ『不幸袋』 

 今年の不幸は今年のうちに――。ヴィレッジヴァンガードオンラインは12月3日より、福袋ならぬ『不幸袋』の予約販売を開始すると25日、発表した。袋の中に入っているのは「開けるとなんとも言えないローな気分になる」(同社)という変わり種アイテムだ。

 福袋は好きなブランドの洋服やバッグ、食品などがお得な価格で手に入ることから“新年最初の福”として知られているが、今回の『不幸袋』は、謎の錠剤、不穏な巨大ゴキブリ、謎のホテルの鍵など、もらってもため息しか出ないようなものばかり。さらに、商品には大凶、中凶、小凶、凶、吉の“ほとんど凶しか入っていない”おみくじを封入。「大凶が当たった購入者には、さらなる不幸が身に降りかかる」(同社)という。

 また、ツイッターを活用した「今年最後に貴方が遭遇する不幸診断」も12月3日よりスタート。『不幸袋』のキャラクターであり“趣味は毎年正月に喪中のハガキを送ること”だという黒い招き猫の「ふこにゃん」が、ユーザーの“不幸納め”をブラックユーモアたっぷりに診断してくれる。

 今年ツイていなかった人の“不幸落とし”としてのほか、忘年会のネタ、友人へ贈るジョークグッズに活用?できそうだ。『不幸袋』は税込4100円〜。全13種類で展開。

『不幸袋』特設サイト

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について