ブラピ主演で松井秀喜入団で注目のアスレチックスGMを映画化

ブラッド・ピット (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

ブラッド・ピット (C)ORICON DD inc. 

 メジャーリーガーの松井秀喜外野手が移籍入団したことで注目されているオークランド・アスレチックスの敏腕ゼネラルマネジャー(GM)、ビリー・ビーン氏の半生を描いたノンフィクション『マネーボール/奇跡のチームをつくった男』(マイケル・ルイス著)がブラッド・ピット主演で映画化され、2011年9月23日に全米公開、日本では10月より公開される。

 松井選手の移籍にも、自ら積極的に動いたとされるビーンGM。彼のチーム作りの哲学は、低予算で常勝軍団をつくること。「セイバーメトリクス」という(後に『マネー・ボール理論』と呼ばれる)野球データ統計を活用し、打点や本塁打の数値よりも、出塁率や長打率の高さを重視した。

 全米約30球団の下から数えた方が早いと言われた程の貧乏弱小球団で、年棒の安いコストパフォーマンスの優れた選手を集めてチームを編成、2000年から2004年にかけて4年連続でプレーオフ進出に導いた。その経営手腕の高さから、野球界だけでなく広い分野でも支持されている。

 現在、撮影中の同作には主演のピットのほか、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、キャスリン・モリスらが出演。監督は『カポーティ』のベネット・ミラーが務める。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について