最も絆を感じるお笑い芸人、1位ナイナイ 〜不在の岡村を支えた相方・矢部を絶賛

コンビ愛を感じる芸人1位に支持されたナインティナイン (C)ORICON DD.inc  [拡大する]

コンビ愛を感じる芸人1位に支持されたナインティナイン (C)ORICON DD.inc 

■ランキング結果

 お笑い芸人といえばコンビでもグループでも、一旦舞台を降りて楽屋に戻れば一切口を聞かないというのはよく耳にする話。しかし、今年は病気や怪我でお笑い芸人が一時的に休養を取るニュースが度々流れ、その度に相方や仲間達でその穴をカバーし合う姿が多々見受けられた。そこで、ORICON STYLEでは「あなたが最も“コンビ(またはグループ)愛”を感じる、お笑い芸人は?」というアンケートを実施。結果は、先月27日に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で完全復活を果たした岡村隆史と矢部浩之からなる【ナインティナイン】がダントツとなった。

 「岡村さんが復帰した時は感動した。レギュラーを守っていた矢部っちにコンビ愛を感じた」(長野県/10代/女性)と、テレビで岡村復帰を目にし、思わず涙を流した視聴者も多い。冠番組では岡村の代打を立てず、時に矢部自身が岡村のピンチヒッターとしてレギュラー番組に客演し、“ちっさいオッサン”の帰りを待っていた矢部。「矢部さんは岡村さんがいないことを、笑いのネタにしていなかった」(愛知県/40代/男性)と、勝手に“復帰報道”が流れると出演するラジオやテレビで何度も訂正し、ただ静かに復帰を待った姿に2人の確かな絆を感じたという意見が圧倒的に多く寄せられた。

   2位には吉田敬の「どうかしてるぜっ!」と小杉竜一の「ヒーハーッ」で知られる【ブラックマヨネーズ】が登場。止まらないマイナス思考とコンプレックスを使った自虐ネタを織り交ぜスピード感あふれる漫才を披露する2人には「お互い悪口を言い合うが、愛を感じる」(奈良県/30代/女性)と、信頼があっての悪口合戦は嫌味なく好印象。3位には苦節10年の下積みを経て、09年のM-1で一躍話題を集めた【オードリー】が続いた。こちらは「人見知りの若林(正恭)と、傍若無人な春日(俊彰)。互いのフォローっぷりに愛を感じる」(東京都/30代/女性)といった好対照な2人に、「2人じゃないと寂しそう」(神奈川県/20代/女性)との声も多かった。

 このほかにも、今年6月にデビューから初めて休養を発表した松本人志と浜田雅功の【ダウンタウン】が7位に。コンビ仲は悪いと、松本人志の著書『遺書』で堂々の宣言をした2人だが「強い信頼関係がなければここまで長く第一線で活躍はできない」(東京都/20代/女性)と、あうんの呼吸を支持。9位には今年7月に兄・中川剛が休養に突入した弟・礼二からなる【中川家】も浮上し、こちらは「お兄ちゃんが何回病気になっても、弟が待っている」(埼玉県/10代/女性)という“家族愛”が理由に挙がり、いずれも相方の休養の穴をカバーするコンビ愛が支持された。

 今となっては笑いのネタになるが、解散の危機に何度も直面しつつ苦しい下積み時代を経て、才能を開花させた芸人が並んだ今回のランキング。夫婦以上の強い絆で結ばれ苦楽を共にしてきた“相方”だからこそ、プライベートで慣れ合うことはなくとも、全てを理解し合いベストパートナーとして、最高の“笑い”を生み続けられるといえそうだ。

【調査概要】
調査時期:2010年12月16日(木)〜12月20日(月)
調査対象:合計800名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女 各100名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について