震災の日に足を滑らせ… 上野動物園のカバが化膿性関節炎で死亡

死亡が確認された、上野動物園のカバ・サツキ  [拡大する]

死亡が確認された、上野動物園のカバ・サツキ 

 上野動物園(東京都台東区)は18日、同園のカバ「サツキ」(メス)が化膿性関節炎で16日に死亡したと発表した。サツキは大地震が起こった3月11日午後4時頃に入舎出入口の階段で足を滑らせて足と股を痛め、その後治療を行っていたが16日に容態が急変した。サツキは東京都を襲った震度5強の地震にひどく怯えた様子を見せていたという。

 上野動物園生まれのサツキは。戦前から同園で人気者だった「デカオ」と「ナゴヤ」の間の子で1971年5月20日に誕生。今までに6頭出産しており、現在沖縄こどもの国で暮らす「モモコ」はサツキの子どもになる。

 カバの平均体重はオスが2.4〜2.6トン、メスが1.8〜2.4トン。体重が重いため足の故障も命取りになることがある。サツキは左の前足に捻挫のような症状があり、治療中も足を引きずって歩いていたため同園に住むオスのカバ「ジロー」と別にして飼育・治療を続けていた。なお、カバの平均寿命は野生で40〜45年、飼育下では45年程度といわれる。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について