スケート場やクライミングウォールも完備 渋谷・宮下公園が改修オープン

リニューアルした渋谷・宮下公園(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

リニューアルした渋谷・宮下公園(C)ORICON DD inc. 

 ナイキ・ジャパンが協力する改修工事を巡り、反対派が公園を占拠するなどして騒動になった東京都渋谷区立宮下公園が4月30日正午、リニューアルオープンした。反対派が公園前で抗議活動を行い警察が出動する一幕もあったものの、管理事務所には新設されたクライミングウォールやスケート場を利用する人の行列ができ、ベビーカーを押した家族連れや女性グループが散策するなど、生まれ変わった公園を楽しむ人たちで賑わった。

 新しくなった公園は歩道やトイレなどを整備したほか、スケート場やクライミングウォール(共に一般200円・小中学生100円・2時間)、エレベーターを新設。また、従来からあったフットサル場も人工芝の2面に改修された。通常の開園時間は正午から午後10時30分だが、節電のため当面は午後6時30分までとなっており、フットサル場も夜間照明が必要な時間帯の利用は受け付けない。

 渋谷区が管理する宮下公園は施設の老朽化や散歩道の荒廃が進み環境が悪化。ネーミングライツ権を取得したナイキ・ジャパンが改修計画に乗り出したが反対派の運動が起こり、ナイキ側は命名を取り下げたことから公園名は従来通りの名称のままになっている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について