2ヶ月ぶりに再点灯 東京タワー、5月11日にライトアップ再開

5月11日、2ヶ月ぶりに点灯される東京タワーのライトアップ『哀悼の光』イメージ (照明デザイン:(株)石井幹子デザイン事務所)  [拡大する]

5月11日、2ヶ月ぶりに点灯される東京タワーのライトアップ『哀悼の光』イメージ (照明デザイン:(株)石井幹子デザイン事務所) 

 3月11日の大地震から2ヶ月後となる5月11日、“東京のシンボル”に鎮魂と再生の光が灯される。東京タワーは11日より、東日本大震災以降自粛していたライトアップを再開させると発表した。午後7時から10時までの間、『哀悼の光』と題した白色光のライトアップ「ダイヤモンドヴェール」を通常時の半分の電力で点灯する。

 東京タワーは通常時深夜0時まで点灯しているが、3月11日の大地震の日は徒歩で帰宅する人々の目印になるよう終夜点灯を実施し、翌日より節電のためライトアップを停止していた。

 その後、自粛ムードで活気がなくなった東京の街に活力を与えるという意味で、太陽光発電とLED電球を使用した震災復興のメッセージ第一弾『GANBARO NIPPON』を大展望台1面に4月11日から6日間限定で点灯。4月22日から今月10日までは第2弾メッセージ『東京タワー ハートの光のメッセージ 〜心つなげよう〜』を大展望台4面に表示しているが、タワー自体のライトアップは2ヶ月ぶりとなる。

 また、再点灯を行う11日は災害支援を目的とした「チャリティー・キャンドルライブ“11(ひとつひとつ)”」を正面玄関前で開催する。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について