世界初披露『パイレーツ』最新作USプレミア ヒデ、貴明も大興奮

ペネロペ・クルス「これからももっと二人でたくさんの作品を作っていきたい」とジョニー・デップにラブコール。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作USプレミア開催  [拡大する]

ペネロペ・クルス「これからももっと二人でたくさんの作品を作っていきたい」とジョニー・デップにラブコール。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作USプレミア開催 

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』(ロブ・マーシャル監督)の世界初披露となるUSプレミアが現地時間7日、米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドで開催された。会場には史上最長であった前作の860mを超える900mのブラックカーペットが敷かれ、世界40ヶ国以上のメディア関係者800人以上、日本からのツアー客も含む2万2000人の熱狂的なファンが集結。女海賊役のペネロペ・クルス、史上最恐の黒ひげ役のイアン・マクシェーンらキャストが次々と登場し、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップが姿を見せると盛り上がりは最高潮に達した。デップらは2時間以上かけてファンの熱烈な歓迎に応えた。

 デップは日本からの取材カメラに向かって「日本のファンのみなさんへ、今回は行けなくて本当にごめんなさい。でも、なるべく早く会いに行くことを約束します。日本のファンのみなさんが、愛情をもって僕をサポートしてくれているように、僕も皆さんのことを思っています」とメッセージを送った。

 クルスは「この作品に参加できてすごく嬉しかったわ。一生忘れない経験になったし、ジョニーとの共演はいつも楽しい。これからももっと二人でたくさんの作品を作っていきたい」と大興奮。ティーグ・スパロウ役で2度目の出演となったキース・リチャーズは「日本のファンの人たちのためにすぐ何かをしたくて、チャリティのTシャツを作ったんだけれども、少しでも役にたてれば嬉しい。日本の皆さんが早く回復することを心から願っています」と話していた。

 この日のプレミア試写会は、『パイレーツ』シリーズ史上初の3D上映となった。屋外に18m×27mのスクリーンと3D上映用の特別な映写システムが組まれ、ディズニーランド内施設の1万個におよぶ照明が一斉に消されたのも初めての試みだった。

 イベントには、デップ、クルス、マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ(バルボッサ役)、サム・クラフリン(宣教師フィリップ役)、アストリッド・ベルジェ=フリスベ(人魚シレーナ役)、リチャーズ、ロブ監督、製作のジェリー・ブラッカイマー、日本人唯一の出演者・松崎悠希(海賊役)らキャスト、スタッフが出席したほか、ジョディ・フォスター、スティーブン・タイラーなど100人以上のゲストが来場し華を添えた。

 ゲストの中には日本から参加した中田英寿、とんねるず・石橋貴明の姿も。世界初の“目撃者”となった石橋は「屋外の3Dは初めての経験で、迫力がすごかった」。中田は「ディズニーランド内で、それも屋外なのにここまでのクオリティで見られるとはすごいですね。今回はおなじみのキャラクターに加え、新しいキャラクターが登場し、さらに面白かった」と満喫していた。

 映画は5月20日(金)より全世界で公開される。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について