富士急ハイランド料金値上げへ 最大落下角度121度のギネス級コースター導入

7月16日にオープンする富士急ハイランドの新コースター『高飛車』  [拡大する]

7月16日にオープンする富士急ハイランドの新コースター『高飛車』 

 富士急行は11日、総工費約30億円のローラーコースター『高飛車(たかびしゃ)』を7月16日に富士急ハイランドにオープンさせると発表した。43メートルの高さに急上昇したあとの、世界最大の落下角度121度の“えぐるような落下”が特徴で、同社は落下速度でギネス記録に申請中。この記録が認められると、通算14個目のギネス記録獲得になる。また、『高飛車』導入に伴い7月16日より料金を改定。大人・子ども・団体の入園料、フリーパスが対象で、100〜400円の値上げになる。

 『高飛車』はコース全長約1000m、最高速度100Kmの大型コースター。約43mのタワーを垂直上昇したのち、一時停止後に世界最大の121度の角度をえぐるように落下。その後100kmの直線加速、7ヶ所の“ひねり”などを体感できる。

 同コースターの導入に伴い、改定される料金は大人・中高生の入園料が1200円から1300円に、子ども(3歳〜小学生)は600円から700円に。1日フリーパスは大人が4800円から5000円に、中高生は4300円から4500円に、子どもは3500円から3700円に変更される。

 同パークでは1996年に登場した『FUJIYAMA』以降、2001年オープンの『ドドンパ』、2006年オープンの『ええじゃないか』などの大型コースターを導入されるたびにギネス記録を獲得している。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について