浅野忠信、ハリウッドデビュー作ひっさげ凱旋帰国「祖父の墓参りできた」

浅野忠信 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

浅野忠信 (C)ORICON DD inc. 

映画『マイティ・ソー』予告編

 俳優の浅野忠信が16日、東京都内のホテルでハリウッドデビュー作『マイティ・ソー』(ケネス・ブラナー監督、7月2日公開)のプロモーションで凱旋帰国した。浅野は、母方の祖父がネイティブ・アメリカンで、「少なくともアメリカ人の血は入っているので、意識していた。小さい頃からいつかアメリカの映画に出たらおじいちゃんに会えるかなと思っていた。ついにお墓参りもできました」と感慨深げに話した。会見には『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』で共演した女優の松たか子が駆けつけ、「よくぞ立派になられました」と祝福した。

 浅野は現在、イギリスでキアヌ・リーブス主演の米国版“忠臣蔵”『47 RONIN』の撮影中。その合間に帰国した浅野は「この映画に出会えて、僕にとっても大きなスタートを切ることができると思います。イギリスで違う作品の撮影中なんですが、日本に帰って、あいさつできることが嬉しい。今日はありがとうございます」と笑顔で会見に臨んだ。

 同作は、『アイアンマン』や『スパイダーマン』シリーズなどで知られるマーベル・スタジオの最新作。神の世界を追放され、地上に堕ちたソー(クリス・ヘムズワース)の破天荒ぶりを迫力の3Dアクションで描き出す。浅野はオーディションを受け、ソーをサポートする三銃士の一人、ホーガン役に抜てきされた。「日本映画で“ホーガン”という役名はあり得ないので、嬉しかった」と浅野。ハリウッドの撮影現場は「驚きの連続。セットも機材も僕らの衣装もメイクルームも、何から何までとんでもない規模でした」と振り返った。

 ソーの父で、神々の王オーディン役をアンソニー・ホプキンスは、地上でソーと出会う天文学者ジェーン役でナタリー・ポートマンらと共演。浅野は「正直、舞い上がっていたし、緊張しました。実際にお会いすると皆さんやさしいし、表現することに対して真剣でしたし、でも、日本の映画作りとも変わらないもものを感じ、自分がやってきたことも間違いなかったんだな、再確認できた」と自信をみなぎらせていた。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について